女性のビジネスプラン

日本女性の出世・キャリアアップについて【女性のビジネスプラン】

起業を考え始めたら、読んでください!

女性のキャリアップ例

一般企業での女性の出世の実態

 一般企業では、仕事をする中で成功する、実績を残すなど評価されれば、女性にも昇進のチャンスがあります。しかし、もしも同等の能力や実績を持つ男性がいれば、企業にもよりますが男性が優勢になってしまう職場もまだまだ残っているようです。  男性社会の風潮を持つ企業が残っているのには、女性がライフイベントの変化に大きく影響を受けるという理由があります。  結婚後も働き続ける女性は多いですが、妊娠出産となると休職せざるを得ません。いざ育休後に仕事に復帰したとしても、子供の体調不良などで幼稚園や保育園、学校から呼び出しがあった場合に迎えに行くのは母親であるケースが多いでしょう。  また、育児だけに限らず親の介護が発生した際にも、妻の方の仕事をセーブして介護をメインで行うなど、夫よりも妻に負担がかかるケースは少なくありません。  このように、女性は男性に比べて継続的な勤務が難しいというイメージから、職場でのキャリア形成に多少なりとも影響を及ぼしているのです。

 このようにキャリアアップが容易ではないという背景からか、最近では出世欲のない女性が増えています。出世して役職が就くことで、責任が増えるのはもちろん、仕事量が増える、プライベートや家庭の時間が短くなるといった不安材料も増えてしまいます。  そのため、今よりハードワークになるのは嫌だ、自分に務まるのか自信がない、プライベートを犠牲にしたくないと考える女性が多いのです。  特に最近では、ワークライフバランスを重視する女性が増えている傾向にあり、家族や友人との時間、自分の時間が減るのは嫌だと考え、ほどほどに働ければ良いという人が多いようです。

専門職でのキャリアアップ例

 看護師や介護士、保育士、美容師、システムエンジニア、税理士、教師…世の中には専門職と呼ばれるさまざまな職種があります。一般企業と異なり、専門職の場合はキャリアアップを目指しやすいといえます。  経験や能力など、一般企業と同じポイントで評価されますが、それに加えて評価制度が整っているため、企業にもよりますがどこまでできるようになれば昇格するという明確な基準が存在するのです。  ここでは、女性に多い職種である看護師と保育士に絞り、それぞれのキャリアアップについてご紹介します。

 看護師のキャリアアップ方法は、助産師や保健師などの上位資格を取得する方法、認定看護師や専門看護師など特定の分野において高い技術と知識を有する方法などです。  さらに上を目指し、特定分野でのプロになることでキャリアアップを図ることができます。  また、新たに資格を取得しなくても、同じ職場で経験を積むことで主任や師長、部長などの管理職を目指すのも1つの方法でしょう。  看護師は引く手あまたで雇用のチャンスに恵まれている職種です。人材不足を打破するため、育児との両立やライフスタイルに合わせた柔軟な働き方をサポートする病院は増えてきています。  自身が望むキャリアを形成しながら、家庭やプライベートを大切にしたナースライフを送れるでしょう。  また、転職サイトなどを利用して、より良い条件で活躍できる職場へ転職することで経験の幅を広げていく人もいるようです。  例えば、「看護のお仕事」という看護師専門の転職サイトでは、プロのキャリアアドバイザーによる個別面談で希望をしっかりカウンセリングしており、ニーズや適性を考慮した上で求人紹介を行っています。  そのため、自身の目指す看護師像や働き方を実現しやすいというメリットから、活用する看護師が増えているようです。

 一方で保育士は、給与が上がりにくい、キャリアアップが明確ではないといったイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。  実際に、給与の低さが業務内容に見合わないと退職する保育士が多いほか、保育園内の職員全体の調和を図るために、役職が不明確で給与は据え置きのままという職場は少なくありませんでした。  しかし、近年ではそのような状況を打破するための制度が設けられています。その一つが、キャリアアップ研修制度。キャリアアップ研修制度とは、研修を受講し知識があると認められることで処遇改善と給与アップを目指せる制度です。  研修は、専門分野別研修・マネジメント研修・保育実践研修の3つに大別され、さらに細かく8つの分野に分かれます。  これらの研修を受講し修了することで、副主任保育士・専門リーダー・職務分野別リーダーといった役職へキャリアアップできるチャンスがあります。  キャリアアップすることで手当がつきますし、転職した際にも自身の能力を示し、能力に応じた給与を正しく受け取れるようになったのです。

起業する女性たち

 出世に対して消極的な女性がいる一方で、キャリアアップを望む上昇志向の人もいます。しかし、冒頭でもお伝えしたとおり、出世においてまだまだ男性社員優勢の企業は少なくないのが現状です。  国が主体となって女性の社会進出のための施策を打ち出しているものの、海外と比べるとまだまだ遅れているといわれています。

 では、出世したい女性はどのようにキャリア形成を目指せばいいのでしょうか。  まず1つ目の方法として挙げられるのが、自分の武器を見つけること。社内に管理職の女性がいれば、その人をロールモデルとして観察してみるのもいいでしょう。  出世するタイプの女性に多いのが、細やかな気配りができる、コミュニケーション能力が高い、向上心が高い、感情をコントロールできるといった特徴が挙げられます。実績を確実に残しつつ、武器を併せ持つことで昇格の声がかかるかもしれません。  2つ目に、評価制度の整った企業に転職すること。このような企業であれば、管理職に就いている女性の割合が高いことが多く、ロールモデルをたくさん見つけることができます。  向上心の高い社員に囲まれながら切磋琢磨することで、自身が今後どうなりたいか前向きに考えることができるでしょう。  3つ目は、起業し自らトップになるという方法です。起業すれば、自分が働きやすいと思う職場を自分でつくることができます。  業務時間は自分で自由に設定できるため、業務をコントロールさえできれば家事や育児との両立も叶えられます。ネイルサロンや飲食店などの経営、ハンドメイド商品の販売、自宅での料理教室の運営など、自分の趣味や好きなことで起業する女性が多いようです。

よく読まれているオススメ記事

起業するきっかけ 起業するきっかけ 「頑張ってるのに認めてくれない」「ずっとここにいてもいいの?」といった現職への不満や不安。さらに「もっと自分らしさを出せる仕事がしたい」「責任ある仕事を任せてほしい」というキャリアアップを目指すチャレンジ精神など、女性が起業を考えるきっかけはいろいろあるようです。
実際に起業した女性が独り立ちするきっかけとしてどんなことが考えられるのか、不満・不安・チャレンジ精神という気持ちの変化に合わせて紹介していきましょう。
気になる方は、こちらからチェックしてみてくださいね♪

自分の店を持つ 自分の店を持つ 女性の起業の中でも、もっともおおかったのが、自分の店を持ちたいという意見。
自分の好きなもの、得意分野などを生かした趣味を仕事にしたお店。自分のこだわりをとことん追求して、おおくの人にその良さを伝えたいという思いを持った女性は数多くいます。
自分が行きたいお店づくりを、女性ならではのきめ細かなアイディアで実現させている女性がたくさん。
飲食・美容・教室など、自分らしさを出すお店づくりの色々をまとめました。

ページのTOPへ