女性のビジネスプラン

女性がキャリアアップする方法とは?【女性のビジネスプラン】

起業を考え始めたら、読んでください!

女性のキャリアップ例

一般企業での女性の出世の実態

一般起業ではベンチャーほどではありませんが、企画力や仕事の成功を積み重ね、結果を出すことでディレクターの立場になるなど、キャリアを重ねていく女性がいます。しかし、ほぼ同じ能力や結果の男性がいるとしたら、実際、どちらが昇格するかとなると企業によるとはいえ、男性優位という傾向はまだ残っていると言えます。

 これは女性がライフスタイルの変化に大きく影響される日本の風潮との関連があるといえます。もし、結婚した場合、女性は相手の男性の都合に合わせて、ライフスタイルを変える可能性があります。また、妊娠、出産、育児によっても仕事よりライフスタイルの変化を取る可能性があります。さらに親の介護(自分の親でも夫の親でも)に携わるのは女性の役割という考えは、いまだに根強いのです。こうした女性は「長く続くかわからない」というレッテルが、職場でのキャリア形成に多少なりとも影響しているのは事実なのです。それでもベンチャーなどであれば、比較的年数をかけずに出世できるケースも多く、女性が管理職になる率は、大手企業よりは高くなっています。

専門職でのキャリアアップ例

 専門職はもう少し明確で、できるスキルや経験を反映されることがおおいようです。
 特に美容師や看護師などの女性が強い資格のある仕事では、女性はキャリア形成をしやすいといわれています。

 美容師は大手のチェーン展開の企業か個人店かにより間が方に差がありますが、業界的にはその店の中で技術面で向上していき、顧客を受け持ち、管理者クラスになりますが、40才前後まで在籍していると、男性女性に関わらず、独立するべきという雰囲気が出てきます。定年まで同じ店にいるという方は、自分で経営している場合でなければ相当難しいと思います。

 エステティシャンも女性の職場で店長クラスへの昇給までは早いのですが、その先、本社へ行く人数は限られており、年齢制限があるわけではないのですが、ある程度の年代になると退社していく傾向があるようです。

 看護師はひとつの職場で経験を積み、成長し、管理職研修などを受けたり、さらに上の資格習得を目指すことができます。また転職サイトなどを利用して、より良い条件で職場をかえながら経験の幅を広げていく方もいるようです。例えば、「看護のお仕事」と言う看護師専門の転職サイトでは、キャリアプランを相談に乗った上で求人紹介を行うなどのサービスも行っており、登録者が増えているようです。

起業する女性たち

 女性がキャリアアップするために、起業し、自らがトップになるという方法もあり、これが最近ではとくに注目を集めています。
一口に起業とは言っても、種類や規模、目的はさまざま。始めは起業などに所属し、お金を貯めて、ある程度の資金が集まったら退職し、自分で会社を立ち上げたり、店を開店させるのです。特に一般企業から飲食業を開業するケースは多いですが、飲食店は年間に多くの新規出店があるのと同じ数、閉店しているといわれています。しかも、3年以内の閉店はおおいと言われています。

 また、ネイルサロンやマッサージなどの個人店を始める方もおおくいらっしゃいます。飲食店同様、初期費用が多くかかり、家賃や人件費を払いながら、初期費用を回収できるかが成功のポイントのようです。

 輸入雑貨や自分の好きなものの販売も人気の起業職種です。趣味的な要素が強く、個人の楽しみが仕事へのやりがいとなります。こちらも店舗を持つことで、家賃や人件費のリスクが出てくるので、売り上げがポイントとなります。

よく読まれているオススメ記事

起業するきっかけ 起業するきっかけ  「頑張ってるのに認めてくれない」「ずっとここにいてもいいの?」といった現職への不満や不安。さらに「もっと自分らしさを出せる仕事がしたい!」というキャリアアップを目指すチャレンジ精神など、女性が起業を考える「きっかけ」はいろいろ・・・。
 そんな女性が起業を考えた「きっかけ」を、ネットアンケートをもとにご紹介していきます。
 もしかすると、あなたに当てはまる心の声があるかもしれませんよ。気になる方は、こちらからチェック!

自分の店を持つ 自分の店を持つ 女性の起業の中でも、もっともおおかったのが、自分の店を持ちたいという意見。
自分の好きなもの、得意分野などを生かした趣味を仕事にしたお店。自分のこだわりをとことん追求して、おおくの人にその良さを伝えたいという思いを持った女性は数多くいます。
自分が行きたいお店づくりを、女性ならではのきめ細かなアイディアで実現させている女性がたくさん。
飲食・美容・教室など、自分らしさを出すお店づくりの色々をまとめました。

ページのTOPへ